FXは簡単には稼げない!個人の投資家では損をする可能性の方が高いのです。FXに大切な預金を投じて良いのか、FXの失敗談を見てからもう一度よく考えてみましょう。

FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク

未分類

高金利通貨のスワップ狙いによくある失敗談

投稿日:

トルコリラや南アフリカランドは、高金利通貨として近年とても人気のある通貨です。

高いレバレッジをかければ、スワップポイントだけで年間利回りが20%を超えることもあります。しかしそれは非常に危険な投資方法なのです。

 

トルコリラ円で何もしないで年利20%!

わたしがFXを始めたきっかけは、資産運用について色々と悩んでいた時期に、友人にFX口座でのスワップ運用を教えてもらったからです。

子供の大学資金や老後資金として、貯蓄の一部を投資信託で運用しようと考えていた頃でした。投資信託での運用は、おおよそ年利2%~3%で考えていました。

300万円を運用すれば、1年間で6万円~9万円、10年後には60万円~90万円になるわけですから、普通に貯金しているなんて勿体ない!と思ったのです。

しかし友人にそれを話していると、投資信託よりも、FX口座をつくってトルコリラを買えば、年利10%も夢ではないと言うのです。

年利10%と言うと、300万円の資金でFXをすれば、10年後には倍になっている計算になります。

FXだけで子供の大学資金が貯まる、そんなに嬉しい話はないと思い、わたしは早速FX口座を開設して、トルコリラを買い付けました。

 

安易に掛けてしまったレバレッジ

わたしの友人はトルコリラなら10%近い利回りも狙えると言っていましたが、よくよく調べてみると、FXではレバレッジというものがあり、元金を超える取引ができることを知りました。

そしてそのレバレッジを最大活用することで、トルコリラなら年間利回り20%も狙えることを知りました。

年利20%となると、300万円の資金が10年後には1000万円近くまで膨れ上がっていることになります。

FXにはものすごい可能性が秘められていることを知りました。そうしてわたしはレバレッジを最大まで掛けてトルコリラを買い、長期で保有することにしました。

 

侮っていた為替差益

わたしがトルコリラを買ってから1年半後、100万円近い利益が出たかというと、そんなに甘い話はありませんでした。

トルコリラを買ってから1年半後の評価損益は、なんとマイナス11万円だったのです。

長期でポジションを保有するなら為替損益のことは考える必要はないと思っていましたが、どうやらわたしは為替差益を侮っていたようです。

しかし損失を出したまま終わるわけにもいかず、その後もずっとポジションを保有し続け、今でもそのままにしてあります。

今の時点ではなんとかプラスにはなっていますが、いつまたトルコリラが下がるかと思うと、不安で仕方ありません。

こんなことなら、手堅く投資信託をやっておけばよかったと、今では後悔しているのでした。

結局スワップポイントの収益なんて為替差益からすれば微々たるもので、FXをする上で為替を読むことからは逃げられないのです。

その点をもう一度よく考えて、ここからなんとか立て直せればと思います。

-未分類

Copyright© FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.