FXは簡単には稼げない!個人の投資家では損をする可能性の方が高いのです。FXに大切な預金を投じて良いのか、FXの失敗談を見てからもう一度よく考えてみましょう。

FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク

未分類

ユーロフラン大暴落で借金400万円

投稿日:

2015年の1月、スイス中央銀行は突如、政策金利を-0.75%に引き下げて、スイスフラン上限策を撤廃すると発表しました。

それまでスイス中央銀行は、スイスフラン高を阻止するために、ユーロフランが1.20を割り込むと為替介入する金融政策をとっていました。

それによりユーロフランは安定した通貨ペアと考えられていましたが、突如スイス中央銀行が政策取りやめを発表したことで、ユーロフランは一瞬にして3,800pipsも暴落することとなりました。

これにより多くのFXトレーダーが多額の借金を背負い、破綻するFX会社も現れました。以下はそんなユーロフランの大暴落により、多額の借金を背負った方の事例です。

 

安定通貨ペアだと確信していたユーロフラン

FXを長くやっていると分かってくることですが、トレーダーにはそれぞれ得意な通貨ペアというのがある。

トレーダーそれぞれの持つロジックや思考回路に合致した通貨ペアは、トレーダーによって違ってくると言うこと。

おれは仕事を辞めてから6年間FXだけで飯を食っていたのだが、得意な通貨ペアと聞かれたら即答でユーロフランだった。

レアな通貨ペアだと思われがちだが、それはFXの素人の間での話。専業トレーダーの中にはユーロフランを得意としている人間は案外多い。

なぜならユーロフランは、クロスフランとは思えないほど安定的で、分かりやすい通貨ペアだからだ。

もちろんユーロフランだけではないが、おれはユーロフランを中心としてトレーダー計画を立て、ある程度安定した収入を6年に渡って得ていた。

 

突然訪れた、スイスフランの高騰

このままずっとFXで飯が食える、貯金も一般のサラリーマンよりも貯まっている、安心していた頃、ついにその時は訪れた。

スイス中央銀行が、1.20の防衛策を取りやめると突然言い出した。あまりに意外な事態だったのもあって、それを聞いても相場がどう転ぶのか、一瞬では判断ができなかった。

そう思っていた矢先、ユーロフランが一瞬にして3,800pipsの大暴落!その時のチャートを見たことのあるFXトレーダーは、みんな目を疑ったことだろう。

特にスイスフランとは関係のないところで取引していたFXトレーダーからすれば、何事かも理解できなかったろう。

 

発動しないロスカット

ユーロフランの大暴落によりおれのポジションは全てロスカットとなったのかと言うと、そうではなかった。

全ポジロスカットならまだ良かった。全部の金を持っていかれるわけではないのだから。

それではどうなったのか?なんと、ユーロフランは一気に相場がワープしすぎて、ストップロスもロスカットも反応できなかったのだ。

高いレバレッジをかけてユーロフランをデイトレしていたおれのポジションは、ロスカットを大きく突き破りなんと証拠金がマイナスになるところまでいったのだ。

それによりおれが背負った借金は400万円、一気に全部の財産が吹っ飛び、借金まで背負う羽目になった。

だけど、この度のユーロフラン暴落により、数千万円の借金を背負った人もいるのだとか。これにて、おれのFXトレーダー生命は終わったのだった。

-未分類

Copyright© FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.