FXは簡単には稼げない!個人の投資家では損をする可能性の方が高いのです。FXに大切な預金を投じて良いのか、FXの失敗談を見てからもう一度よく考えてみましょう。

FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク

未分類

消費者金融で借りた300万円を8万円にした方法

投稿日:

FXで大失敗をした方の中には、消費者金融などでお金を借りて借金をつくってしまった人もいます。

FXは下手をすれば一夜にして考えられないような借金を背負ってしまうこともできます。FXの失敗談の中でも最悪のケースのご紹介です。

 

会社を辞めたくて始めたFX

FX関連の書籍やブログを見ていると、不労所得だとか、サラリーマン生活からの解放だとか、魅力的な言葉がたくさん並んでいますよね。

僕がFXを始めたキッカケもそんな感じで、とにかく会社を辞めて自由な生活を謳歌したかったからです。

FXだけで生活ができればどんなに素晴らしいだろう、毎日早起きしなくてもいいだけでも最高ですよね。

とにかく早く会社を辞めたい!その気持ちが強すぎたせいか、昔からギャンブルに強い僕は、FXだけでやって行く自信に満ち溢れていました。

 

トレード法の勉強

FXで生活していく専業トレーダーになるには、まずはFXで勝つためのロジックの分析と、資金調達が必要です。

学生時代パチプロをしていた時代があった僕は、FXをギャンブルと同じように考えていました。

FXの書籍を読んだりネット検索したりして、ある程度トレンドのコツを掴んだように感じていました。

僕が実践した手法としてはボリンジャーバンドを使ったものなのですが、デモトレードで実際に高い勝率を叩き出しました。

デモといっても実際のトレードと同じですから、これは間違いなくいける、そう確信しました。

 

FXの資金調達から実戦へ

あと最後に必要なのは軍資金です。

パチスロでもそうですが、少ない資金で安全に勝つなんてのは素人のやること、本気で勝ちに行くならある程度負ける分の資金が必要になります。

とは言え貯金なんて数万円しか無かった僕は、結局FXの資金を消費者金融から借りることになりました。

幸いブラックリストにも何も載っていない僕は、消費者金融とキャッシングで合わせて300万円をつくることができました。

そしてその300万円を全てFX口座に打ち込み、いざ実戦がスタートしました。

 

FXはプロと戦う投資、ギャンブルではない

そこから僕がどんどんと資金を失っていき、最終的に300万円が8万円になるまでは、どうにも説明のしようがありません。

負けた僕が言えることといったら、自分のトレードが甘かったということだけです。

その甘さ故に、僕は3ヶ月で300万円の借金を背負うこととなってしまいました。

今回身をもって痛い目にあったことで、もうFXだけは絶対にやらないと心から言えます。

FXは人と人との通貨の交換です。つまり、個人のFXトレーダーが相手にするのはプロの投資家や投機機関です。

そう、今思えば、これほど割りに合わない勝負は無かったのです。

プロはそもそもFXで使える資金力が違います。それに早く気づいていればと今でも後悔しています。

-未分類

Copyright© FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.