FXは簡単には稼げない!個人の投資家では損をする可能性の方が高いのです。FXに大切な預金を投じて良いのか、FXの失敗談を見てからもう一度よく考えてみましょう。

FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク

未分類

積み重なった損失額は350万円

投稿日:

様々な仕事に向き不向きがあるように、FXをはじめとした投資にも向き不向きがあると思います。

FXが向いていないと判断したら、早期に投資信託やファンドなどに運用方法を切り替えること、一つのことに執着するのは最も危険なことです。

以下は、FXに執着するがあまりに犯してしまった失敗談です。

 

会社で流行りのFX

わたしが勤めている会社では、数年前から投資ブームが巻き起こっていました。

上司に資産運用や投資に詳しい人がいて、その人から周りにどんどん投資の波が広まっていきました。

わたしもその上司本人から色々と投資に関するお話を聞き、その中からFXをやってみようと考えました。

理由はいたって単純明快、海外旅行が好きだったというだけです。

海外旅行の際には日本円を外貨に両替しますが、できるだけお得なタイミングで両替するためにレートをチェックします。

何もやったことがない株取引よりは、まだFXの方が想像しやすかったのです。

しかし、実際にはFXはそんなに単純で甘いものではありませんでした。

銘柄が少ない分株よりもシンプルかと思ったのですが、実際にやってみると分析するのが難しいのはFXの方でした。

 

ファンダメンタルズ分析に一苦労

株価の変動はシンプルで、その企業の業績がよければ上昇するし、悪ければ下落します。その企業だけを見てれば良いので分かりやすいのです。

それに対してFXはと言うと、二カ国間の政治や経済、はたまた治安面などまで絡んでくるので、色々なことに目を配っていなければなりません。

何よりも難しいのは経済政策で、中央銀行が何か政策を打ち出すごとに、為替レートが大きく変動するのです。

FRBだの公定レートだと、知らない言葉がたくさん出てくるFXのファンダメンタルズ分析は、相当に骨の折れるものでした。

しかしかと言って、今さら株取引や仮想通貨に移行するのも面倒で、結局ズルズルとFXを続けてしまいました。

 

じわじわと減っていく口座残高

しかし結局わたしはFX向きでは無かったようで、確実に負け取引の方が多くなりました。

もちろん勝つこともあって、その時の嬉しさが、FXから脱却する決意を鈍らせました。

時には1週間ポジションを保有して数万円勝つこともあり、なんて割のいい仕事なんだと感心したものです。

そういった経験が時々あるからこそ、なかなかFXを止めることができずにいました。

しかし結局は負けることの方が多く、わたしのFX口座の残高は少しづつ減っていきました。

そうして1年間FXを続けて、最終的にわたしが損した金額はなんと350万円、損失額が自分の年収に追いつくことを実感した時に、初めてFXを怖いと感じて止めることができました。

高給取りでもないのになぜここまで損失を重ねるまで気づけなかったのが、時間が戻せるならと今でも後悔しています。

当然のことですが、FX取引は単純な外貨両替とは違います。安く買って高く売ることがこんなにも難しいことだとは思いませんでした。

-未分類

Copyright© FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.