FXは簡単には稼げない!個人の投資家では損をする可能性の方が高いのです。FXに大切な預金を投じて良いのか、FXの失敗談を見てからもう一度よく考えてみましょう。

FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク

未分類

仕事で失敗続き、FXノイローゼ

投稿日:

FXを始めて失うかもしれないものは、お金だけではありません。むしろ確実に失うのは時間。FXは株取引と違って24時間取引可能だからこそ、トレーダーから時間を奪い、縛り付けることになります。

 

FXは楽しい!

僕は大学時代にバックパッカーをやっていて、大学4年間で実に22ヶ国を訪問しました。今でも海外旅行が大好きで、当時から外国のお金を集めたりもしています。

その趣味が高じてか、大学4回生の頃からFXを始めました。バックパッカーをやっていると、いろんな人に会う機会があります。

タイの安宿で会った人は、FXだけで生計を立てていました。その話を聞いてFXを始めたのですが、やってみると非常に面白く、海外情勢に興味がある僕にはピッタリな投資商品だと感じました。

成績はなんとかプラスと言ったところでしたが、社会人になってからもしばらくは続けていました。

 

レートから目が離せない!

ところが、社会人になって学生の頃よりも時間に制限が出たことで、FXの分析にかける時間がストレスになってきました。

なんせ仕事をしていても、取引先の人と話をしていても、為替相場が気になって仕方ないのです。

重要な経済指標が発表される日なんかになると、そわそわして朝の会議もうわの空だったりしました。

そのせいもあったのでしょうが、僕の営業成績は自分が想像したよりも悪いものでした。

それでも、営業成績を伸ばすことよりも、とにかく為替相場が気になったし、大きな勝ちをつかみたいと切に願うようになっていました。

 

FXの奴隷への道

FXを始めて4年くらい経った頃には、短くポジションを持つトレードが多くなっていました。

デイトレーダーほどではないけれど、短期で手仕舞いしてしまうことが多くなりました。

そうなると朝から晩まで為替相場が気になってしまい、営業の合間にも車の中でチャートをチェックしていました。

挙げ句の果てには、有給をFXのトレードのために使うようになったり、休みの日には家にこもりっきりとなっていました。

とは言え僕のFX取引の成績は惨めなもので、月に学生の小遣い程度稼げるといったところでした。

このままではいけないと焦りながらも、なかなかFXの呪縛からは逃れられずにいました。

 

ようやく目覚めた、FXの呪縛

そんな折、仕事である失敗を犯しました。僕の発注ミスにより、大事な取引先に損害をもたらしてしまったのです。

言い訳のしようのない大きなミスで、世話になっていた取引先だったので、心から申し訳ない気持ちがこみ上げました。

しかも、そのミスの原因となったのはFXに気を取られていたから…私利私欲のためです。その時、ようやく僕はFXをきっぱり辞める覚悟ができたのです。

そもそもFXで稼げていたわけでもないし、もっと早くにそうするべきだったのです。

こんなことなら、大事な取引先に迷惑をかける前にやめたかったと思います。

-未分類

Copyright© FXで大損した失敗談まとめ| FXを始める前に知っておくべきリスク , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.